コース紹介トップページイメージ

鵠沼高等学校の理数コース

理数コースの特徴

理数系科目を中心としたカリキュラム。
一人ひとりの興味や関心を深く掘り下げ、科学的論理的思考力を養います。

理数系科目に関心のある生徒たちの興味を引き出し、 将来につなげていくコースです。科学的論理的思考力を育て、自己と社会をより良く変える資質の育成を目標に教育の充実を図っています。
身のまわりの科学に目を向け、環境について知り、3年次ではそれまでの学びから自分なりに〝自己と社会を変える提案〟をするというように、ステップを踏みながら理数系科目に触れていきます。




理数コースだけに実施している
特別講演会

学期に1回の頻度で、大学や企業の専門家に最先端の研究やキャリアについて講演していただいています。高校で学ぶ基礎が、この先どのような学問や技術につながっているかを知ることで「気づき」を促すことを目的としています。

体験から学ぶ国内研修

2017年は北海道知床自然遺産野外研修を実施しました。羅臼クジラウォッチングをしたり、知床ネイチャーオフイスの方から自然遺産知床についてレクチャーを受けました。2018年は北海道函館でエネルギー生産技術や情報について学ぶ研修を行います。

理数コースイメージ
理数コース時間割例(2年次)
※各コースの内容は、今後変更になる場合がございます。
数学科   風間 翔 先生

全員必修の化学に加え、2年次からそれぞれの進路に合わせて物理、または生物を選択履修します。理科の目標は暗記や計算ではなく、身のまわりの自然現象について学び理解することです。例えば虹やしゃぼん玉が色づいて見えることや、自転車のバランスのとり方にも理由があります。普段何気なく見ていることの原理を知る楽しさを味わって欲しいと思います。

理科 山田 正樹 先生

[2年] 松島 尚輝 さん

貴重な体験ができる国内研修で、
自然の雄大さと生命の不思議を実感。
理数系科目への興味が強くなりました。

1年生の夏休みに参加した国内研修では、北海道でマリモや知床の自然について専門家の方から話を伺い、貴重な体験をしました。また、森の中の遊歩道を歩いたり、ホエールウォッチングをしたりする間に、自然と生き物との共存について学ぶことができ、とても感動しました。生物の授業はもともと好きでしたが、この研修に参加してからは、より興味深く学べるようになりました。
[2年] 松島 尚輝 さん