鵠沼サイエンス・プログラム

プログラム概要

科学的・論理的思考力を育て自己と社会をよりよく変える資質の育成を目的としています。
以下の4つの柱を基盤に、鵠沼サイエンス・プログラムは構成されています。

鵠沼サイエンス・プログラム

体験型プログラム

国内研修旅行、東京大学リサーチキャンパス公開、夏期・春期集中実習(理科実験)など様々な体験を通して、鵠沼サイエンス・プログラムの教育を実現することを目的としています。

体験型プログラム

実施例

  • 体験型プログラム
    国内研修旅行(名古屋)

    日本製鉄名古屋製鉄所へ行き、高炉を用いて鉄鉱石から鋼を作る工程について学びました。

  • 体験型プログラム
    国内研修旅行(北海道)

    公立はこだて未来大学にて最先端の情報科学について学びました。また、現地で在学生との交流も行いました。

  • 体験型プログラム
    夏期・春期集中実習(理科実験)

    夏期休業中に、ペットボトルロケットの作成を行い、どのように作成すればよいかを科学的に考えました。

理数コース国内研修費:99,546円(令和元年度)※1・2年必修

講義型プログラム

大学や企業の専門家の方による講義を通し、高校で学習していることの必要性と今後必要となる学問や技術への「気づき」を促すことを目的としています。

講義型プログラム

実施例

プログラム 講師
江ノ島観察実習 野崎 篤 先生(平塚市博物館)
新江ノ島水族館バックヤードツアー 水族館スタッフ(新江ノ島水族館)
理系のキャリアについて 上田 圭祐 先生(セールスフォースドットコム)
機械学習超入門 竹之内 高志 先生(公立はこだて未来大学)
PAGE TOP