鵠沼ダイアリー

2018年6月 部活動レポート

2018.06.30

《バドミントン部》

[関東大会](6/2~3 東京都駒澤オリンピック公園にて)

〈男子団体〉

2回戦 鵠沼 2-1 茗溪学園(茨城)

3回戦 鵠沼 1-2 淑徳巣鴨(東京)

〈女子団体〉

2回戦 鵠沼 2-0 小岩(東京)

3回戦 鵠沼 0-2 大宮東(埼玉)

男女ともにベスト16になりました。

 

[高校総体 神奈川県予選]

〈男子学校対抗〉優勝(初)

〈女子学校対抗〉ベスト4

〈男子シングルス〉準優勝

〈女子シングルス〉ベスト8

〈男子ダブルス〉ベスト8

〈女子ダブルス〉ベスト8

男子学校対抗・男子シングルスは8月に静岡県浜松市で行われる全国高校総体に出場が決定しました。(学校対抗は初、シングルスは2年連続)今後とも応援よろしくお願いいたします!

 

《バスケットボール部》

[関東大会](6/9~10 カルッツかわさきにて)

〈女子 Aブロック〉

1回戦 鵠沼 77-73 昌平(埼玉県1位) ※延長

2回戦 鵠沼 59-79 昭和学院(千葉県1位)

関東ベスト8になりました。

 

[高校総体 神奈川県予選]

〈女子〉

3回戦 鵠沼 77-46 相模田名

ブロック決勝 鵠沼 64-57 相模女子大

〈県決勝リーグ〉

第1試合 鵠沼 53-47 市ヶ尾

第2試合 鵠沼 72-31 元石川

最終試合 鵠沼 76-105 アレセイア

県準優勝となり、創部初の全国高校総体への出場を決めました!大会は8月に愛知県小牧市で行われます。今後とも応援よろしくお願いいたします!

 

[神奈川県高体連 年間表彰]

最優秀選手賞 1名(3年) 優秀選手賞 2名(3年・2年)

 

《ダンス部》

[第27回神奈川県高等学校ダンスコンクール] 第8位 「その距離は遠く、あまりにも近い」

 

《軽音楽部》

6月24日(日)に湘南学園・湘南白百合学園・藤嶺学園藤沢と合同LIVEを行いました。今年も盛大な盛り上がりになりました。約250名の出演者・参加者で行い、各校の特色を存分に発揮していました。

 

《卓球部》

[高校総体 学校対抗 神奈川県予選]

〈男子〉

2回戦 3-1 高浜

3回戦 1-3 新栄

〈女子〉

2回戦 1-3 海老名

この大会をもって、3年生は引退となりました。以降、1・2年生20名で新体制となります。応援ありがとうございました。

 

《マーチングバンド部》

7月16日(月・祝)に行われる全私学展のステージ発表に参加します。

 

《書道部》

[第68回藤沢市展 書道の部] 奨励賞 (2年女子)

[第37回ふれあい書道展](全国書画展覧会運営委員会主催)に部員全員出展しました。

《華道部》

[第68回藤沢市展 華道の部] 3年生6名出展

また、江ノ島駅花席にて活け込みをしました。

平成30年度 合唱コンクール

2018.06.22

藤沢市民会館にて、平成30年度合唱コンクールを行いました。

約1か月間に渡り練習を積み重ね、各クラスともハーモニーを響かせました。

[審査結果]

《1年生の部》1位:1年2組「青いベンチ」 2位:1年4組「虹」 3位:1年6組「手紙~拝啓 十五の君へ~」

《2年生の部》1位:2年10組「君に届けよう」 2位:2年3組「ラストシーン」 3位:2年11組「糸」

《3年生の部》1位:3年9組「春に」 2位:3年1組「あなたへ ~旅立ちに寄せるメッセージ~」 3位:3年6組「はじまり」

《総合順位》総合優勝:3年9組「春に」 総合準優勝:3年1組「あなたへ ~旅立ちに寄せるメッセージ~」 総合3位:3年6組「はじまり」

《指揮・伴奏》最優秀指揮者賞:3年2組 Y・Nさん  最優秀伴奏者賞:1年6組 S・Mさん

[各学年発表曲]

〈1年生〉「未来」「青いベンチ」「奏」「虹」「瞬き」「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」「風になる」「プレゼント」

〈2年生〉「道」「空も飛べるはず」「ラストシーン」「福笑い」「時の旅人」「結」「HEIWAの鐘」「桜の季節」「春の歌」「君に届けよう」「糸」

〈3年生〉「あなたへ ~旅立ちに寄せるメッセージ~」「Gifts」「明日への扉」「時を超えて」「証」「はじまり」「ふるさと」「3月9日」「春に」

 

H30年度6月 合唱部・演劇部合同校内公演

2018.06.18

合唱部と演劇部の校内公演会を行いました。

合唱部校内演奏会プログラム

1:にじいろ(作詞・作曲:絢香 編曲:佐藤文子)

2:チェリー(作詞・作曲:草野正宗 編曲:浅野由莉)

3:虹の輪の花(作詞:宗左近 作曲:大田桜子)

 

演劇部校内公演

演目:「ひだまりとあめふり」(作:もりいしますみ)

あらすじ:名前を無くした超自然の存在に名前を付ける命名師の少女と、物から名前を抜き取る除名師の少女が、対決外の宿命の違いに葛藤しながらも、少しずつ友情を育んでいく。

入部したばかりの1年生が、先輩たちに支えられながら全員キャストとして出演しました。

合唱部・演劇部とも、これからも頑張ります!応援よろしくお願いします!

2018年度 春季教育実習生にインタビュー!

2018.06.12

2018年春季教育実習生3名が来てくれました!今回の実習生はなんと3人とも9期生の英語コース出身です。

左:前田 健汰先生(保健体育科)

中:伊東 笑里先生(地歴公民科)

右:川下 寛先生(英語科)

 

① 実習が始まって1週間が経ちました。先生として後輩と接する気持ちはどうですか?また、教育実習生として授業をやってみてどうでしたか?

前田先生:自分が生徒として通っていた学校に先生として教壇に立ち、高校の後輩に授業をするのはとても不思議な気持ちです。実習中は実習生も先生として生徒が見ているので、常に先生であることを意識して授業や生活を行っていたので、緊張感を常々感じていました。しかし、生徒が授業後に質問をしてきてくれたり、発問に対して積極的に取り組んでくれたりすると非常に嬉しかったです。

 

伊東先生:初めて「先生」と生徒に声を掛けられた時はどこかくすぐったい嬉しい気持ちでした。そして、卒業した高校の後輩なので、不思議な気持ちになりました。また、教育実習生として鵠沼高校に戻ってこれたことを嬉しく思います。

 

川下先生:先生というのは、言葉を扱う仕事なので、大学生としてではなく、あくまでも1人の教員として生徒と接しているので、言葉選びに気を付けています。HRをやっているとみんなの反応も良く、朝からとても元気になれます。自分のホームルームのクラスであり、かつ古巣の英語コースで授業をやりました。最初は50分という少ない時間の配分に苦戦していましたが、回数を重ねるごとに少しずつ自信につながっています。いろいろな先生方の授業を見学させていただいているので、技をどんどん盗んでスキルアップしていきたいです!

 

② 久々の母校の印象は?今の鵠沼高校生をみてどう思いましたか?

前田先生:学校が生徒に対して積極的に学力向上支援を行っている、という印象があります。進学校になっているので、このまま続けてほしいと思いました。他には、生徒が挨拶をよくしてくれるのが印象的です。大きな声であいさつをすることは非常に良いことなので、鵠沼の伝統として「生徒がよく挨拶をする」を今後も続けてほしいと思いました。

 

伊東先生:最初の印象はとにかく「挨拶がすばらしい!」でした。元気で礼儀正しく、気持ちよく1日が過ごせます。これからも「鵠沼高校生の挨拶はすごい!」と言われるように、鵠沼高校の皆さんにはがんばってもらいたいです。また、母校の印象としては私が通っていた時と変わらず、明るく優しい雰囲気だと感じました。

 

川下先生:毎年合唱コンクールの指導でお邪魔させていただいていたので、それほど久々ではないという感じはしました。先生方も僕のことを覚えていてくれて、しかも指導に行った生徒も「あっ!川下先生だ!」と気付いてくれることもあるのですごく嬉しいです。校内にいるときも、すれ違う生徒みんなが「こんにちは!」と元気よく挨拶してくれるのが幸せです。お互い挨拶をするとお互いが気持ちよくなれます。挨拶はすごく大切なことなので、鵠沼高校の伝統としてこれからも守って欲しいです。

 

③ 在校生へのメッセージをお願いします。

前田先生:高校3年間というのはみんなが思うほど長くなく、とても短い時間です。毎日部活や課題に追われて辛いと感じている人も中にはいると思いますが、卒業したら誰もが懐かしみ、それを含め高校に戻りたいと感じます。今をどれだけ楽しむかが充実した時を過ごせる第一歩だと思いますので、ぜひ「今」を楽しんでください。Stick it out!

 

伊東先生:高校で過ごす3年間はかけがえのない時間になります。日々、過ごす時間を大切にしてください。友達や先生と過ごす時間、体育祭や鵠輝祭を思いっきり楽しむ時間、先生の授業を受けてしっかり勉強する時間、全てが大切なものになります。高校生活3年間を全力で楽しんでください。

 

川下先生:自分はこの鵠沼高校での3年間が一番濃かったと感じています。行事、授業、部活などいろいろなことに積極的になれば、後から振り返ったとき「あれが楽しかったな…」と思えるようになります。この高校に入ったからには「後悔」という文字はありません!すばらしい先生方がたくさんいます!

 

ありがとうございました。実習期間もあっという間に過ぎてしまいますが、短い期間で多くのことを吸収し、素晴らしい先生になってください。

2018年度 1・2年理数コース 「東大駒場リサーチキャンパス公開2018」に参加!

2018.06.10

6月9日(土)に行われた「東大駒場リサーチキャンパス公開2018」に、鵠沼高校理数コース1年生・2年生が参加しました。

東京大学駒場リサーチキャンパスには、先端科学技術研究センターや生産技術研究所、駒場オープンラボなどの研究機関が並んでいます。

「東大駒場リサーチキャンパス公開」はこれらの研究所で行われている研究を一般に公開するために開催されている毎年一度の恒例行事で、東京大学内に設置されている東京大学次世代育成オフィス(ONG)が主催しています。

日頃立ち入りできない研究室内部の見学や、世界トップクラスの研究者たちによる最新の研究成果に触れることができる貴重な機会です。鵠沼高校理数コース1年生・2年生の生徒たちは事前に興味のある内容についての映像教材で事前学習をした上で、企業や他の研究機関の研究者や一般の方々に交じり、最新の科学技術に触れてきました。

《生徒の感想より》

Q1:どんな研究室を見に行きましたか?

・宇宙についての研究室

・触ったことの無いレアメタルに触れてきました。ハフニウムは特に重たく、密度が気になりました。

・レーザー光波長変換素子とペロブスカイト太陽電池についての実験の観察。

・神経と脳が作られる仕組みを見学しました。

・VRや神経に関わる研究とAIについての研究を見たり、質問をした。

・カイコガのオスの性質の講義を聞いた。

Q2:そこから何を学びましたか?どう思いましたか?

・やっぱり最先端の技術は自分たちの生活を便利にして、見てて楽しいなと思いました。

・レアメタルを再利用したりするところから、資源の少ない日本にはとても重要な研究をしてらっしゃるんだなと思いました。また、液体のチタンを初めて見たので、興味深いなと感じました。

・情報がどのようにしてスマートフォンなどに伝達されているかの仕組みなどを学んだ。

・最近の技術はどのようなものが使われているのかと、この先はどのようなものが使われていく可能性があるのかを学んだ。自分も理系だから、このような研究をしてまとめて発表することに興味が湧いた。

・ソーントン研究室の『光が照らす海の世界』が印象に残っています!海底にいる生物を守れるのでとてもいい研究だと思いました。

・大学の研究員の方々の、研究の話をするときの顔はとても生き生きとしていて楽しんでいるような雰囲気がした。楽しんで話す研究員を見ると、自分までその内容に興味をを持てるようになり、引き込まれていった。

Q3:次に何をしますか?

・やはり東大なだけあって頭がいい人ばかりで、そんな人だからこそそのような良い研究ができるのだなと思いました。なのでよりいっそう勉学に励もうと思わされました。

・ほかのところで見た原色を200色に増やして画像や映像を解析するのは3色の原色に対してどう変わるのかをもっと詳しく知りたい。

・今回のリサーチキャンパスで科学技術にとても興味を持ちました。なので校外で行われているものにたくさん参加していきたいと改めて思いました。この東大リサーチキャンパスで得た知識や考え方を無駄にしないように、これからも努力していこうと思います。

・自分がしたいことをまとめて神経と工学の関連について必要な知識を集め、同じ志を持っている友人とディスカッションえ、研究結果が得られるように頑張りたい。

トップクラスの研究に触れ、生徒たちには非常に良い刺激になったようです!

2018年5月 部活動レポート

2018.06.02

《バスケットボール部》

[高校総体神奈川県西支部予選]

〈男子〉

1回戦 鵠沼 107-58 平塚中等

2回戦 鵠沼 65-70 平塚湘風

3年生男子の最後の大会が終了し、男子は引退となりました。応援ありがとうございました。

女子の試合が6月から始まりますので、引き続き応援お願いいたします。

 

《ソフトボール部》

[高校総体神奈川県予選]

鵠沼 1-8 相模女子大 (5回コールド)

今大会はインターハイにつながる大会で、チームとしてベスト8を目標に掲げていました。試合当日、2年生が修学旅行だったため、1・3年生の9人で検討しましたが、初戦敗退となってしまいました。

次は7月に私学大会、県民大会があり、3年生は引退となります。今大会の反省を生かし、2つの大会ではベスト4以上を目指して頑張りたいと思います。

応援ありがとうございました。

 

《テニス部》

[神奈川県テニス大会 団体戦]

〈男子〉

1回戦 鵠沼 2-1 元石川

2回戦 鵠沼 3-0 大師

3回戦 鵠沼 1-2 荏田

〈女子〉

1回戦 鵠沼 1-2 上溝南

6月から新体制での活動がスタートしました。

7月の件新人戦に向けて頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

 

《合唱部》《演劇部》

6月18日(月) 鵠沼高校3階講堂にて

16:40~17:00 合唱部校内発表

17:10~17:30 演劇部校内公演

在校生・保護者の皆様・卒業生・中学生の皆さん、ご来場お待ちしております。

※詳細は各部活動のページをご覧ください。

 

《文芸部》

校内部誌『鵠民遊歩~Kugenuma Walker』を発行しました。「1年英語コースUCR」「文芸散歩・神保町古本巡り」特集しています!

平成30年度 2学年オーストラリア研修旅行報告

2018.05.31

5月23日~30日の期間にて、オーストラリア研修旅行に行きました。

天候も大きく崩れることなく、充実した日々を過ごすことができました。

現地ではホームステイを行い、日頃習った英語を思い出しながら、ホストファミリーとの交流を楽しんでいました。

また、現地ではテーマ別体験学習を行いました。

①現地小学校訪問〈教育〉

②アボリジニ文化センターとブルーマウンテン国立公園〈先住民・自然環境〉

③トブロック・シープ・ステーション〈伝統文化〉

④レプタイル・パーク〈動物・自然環境〉

⑤シドニー工科大学とパワーハウスミュージアム〈教育〉

※写真は「⑤シドニー工科大学とパワーハウスミュージアム」の様子です。

2018年度 1年生礼法授業

2018.05.30

鵠沼高校では毎年1年生対象に、作法室で礼法授業を行います。

今年度も1年生は、立礼と座礼の作法を教わりました。

知識・学力だけでなく、品格を備えた素敵な大人になってもらいたいものです。

平成30年度 1年総合学習「世界一大きな授業」

2018.05.10

1年生を対象に「世界一大きな授業」を行いました。

「世界一大きな授業」とは、教育協力NGOネットワーク「JNNE」が主催している教育活動の1つです。世界100か国以上で実施され、世界のすべての子どもたちへ教育を広めようというテーマに基づき、2003年からスタートしたプロジェクトです。本校では今年で5年目の参加になりました。

 

世界の教育事情に関わる様々なクイズに挑戦し、「識字率」に関するクイズでは、実際に「字が読めない」状況を想定したアクティビティを行いました。

世界の教育事情を踏まえ、グループで「私たちにできることは何か」を話し合い、「わたしたちの政策提言」の手紙を書きました。

※生徒たちが作成した「わたしたちの政策提言」は、日本国首相および外務大臣宛てに実際に送付いたします。

平成30年度5月 春季生徒総会

2018.05.01

生徒総会が行われました。議題は以下の通りです。

【報告事項】

1.平成29年度活動報告

【審議事項】

2.平成29年度生徒会会計決算報告

3.平成30年度生徒会活動計画案

4.平成30年度生徒会会計予算案

【その他議題】

5.体育祭色分け抽選

 

生徒会活動計画案では、各委員会の今年度の方針が発表されました。

放送委員会からは委員会の活動内容に触れる中で、今年度から始めた「くげらじ」の案内がありました。

また、鵠輝祭実行委員会からは、今年度の鵠輝祭のテーマが発表されました。

今年度のテーマは「Bon Voyage ~大鵠海(だいこうかい)~」です。

※「Bon Voyage(ボン・ボヤージュ)」とは「良い旅を!」の意味のフランス語です。

 

最後に行われた体育祭色分け抽選の結果は下記の通りです。

赤団:1年2組、1年8組、2年2組、2年4組、2年11組、3年1組、3年8組

青団:1年3組、1年6組、2年5組、2年8組、2年9組、3年4組、3年6組

黄団:1年5組、1年7組、2年1組、2年6組、2年10組、3年3組、3年7組

黒団:1年1組、1年4組、2年3組、2年7組、3年2組、3年5組、3年9組

 

※体育祭は保護者の方のみ見学可能です。