鵠沼ダイアリー

平成30年度 英語コース対象キャリア講演会

2019.02.02

2月2日(土)、英語コース1年生・2年生を対象にキャリア講演会を行いました。

講師:明治大学 国際日本学部 学部長   鈴木 賢志 先生

演題:『国際系の学部で学ぶこと』

 

英語コースの生徒にとって、将来の希望進路に「国際」というキーワードは非常に多く上がります。しかし、「国際」とは一体何を学ぶ学問なのでしょうか。

鈴木先生の講演では明治大学国際日本学部で学ぶ学問の紹介や、日本人が海外留学をした際に気付かされる大事なことなど、様々なことをご紹介いただきました。

 

【生徒の感想より】

・研究領域という言葉は初めて聞きましたが、自分の学びたい分野をいくつか選んで組み合わせができるというのも大きな魅力だなと思いました。(1年)

・留学のことについていろいろ知れたことがとても良かったです。「気付きが大事」と仰っていたので、3月にアメリカに行くときに日本との違いや、少しでも現地で気づいたことなどを小さなことでも良いのでメモしたり覚えたりなどを意識したいと思いました。(1年)

・今回の講演を通して私は”世界と日本を繋げる人になりたい”と思った。先生がこの言葉を口にしたとき、「ずいぶん大きな話をしているな」と感じ、そのような人にはなりたいけど何をしたらよいのか見当もつかなかったが、ある言葉で私の気持ちは憧れから目標へと変わった。『日本語が話せるってすごいことなんだ。さらに英語も話せたら世界では珍しい貴重なスキルとなる。』私は先生のこの言葉を信じてこれからもたくさんのスキルを得られるよう努力したいと思った。(2年)

・私は今まで国際日本学部というものに対してあまり関心が無かったし、どんな学部なのかもよく知らなかったけれど、今回の講演会を聴いて、国際日本学部の”いろいろな学問を国際的な視点から見る”という考え方に感銘を受けた。確かに英語だけ極めても、世界ではしゃべれるだけの人で、世界で何かをするためには多様な分野の学問を学ぶ必要があると思った。また、その上でいざ広い世界に目を向けた時に、ただその一方だけを見て自分にできること、やりたいことを探すのではなく、自分が今まで培ってきたものや、自分が日本人であることに目を向ければ、見えてくるものがたくさんあるのだなと思った。(2年)

平成30年度 球技大会

2019.02.01

2月1日(金)に、ひらつか・サン・ライフ・アリーナにて平成30年度球技大会を行いました。

1年生と2年生によるクラス対抗の大会で、スポーツマンシップを大事にしてクラスの絆を深める1日になりました。

【大会結果】

〈バレーボール女子〉 優勝:2年5組 2位:2年7組 3位:1年6組

〈バレーボール男子〉 優勝:2年3組 2位:2年10組 3位:2年2組

〈ドッジボール女子〉 優勝:2年1組 2位:2年2組 3位:1年4組

〈ハンドボール男子〉 優勝:2年2組 2位:2年4組 3位:2年6組

〈バスケットボール女子〉 優勝:2年1組 2位:2年7組 3位:2年6組

〈総合順位〉 優勝:2年2組 2位:2年1組 3位:2年7組

平成30年度 1年総合学習「日本文化を紹介するプレゼンテーション」

2019.01.31

1月31日(木) 総合学習の一環として、「日本文化を紹介するプレゼンテーション」を行いました。

海外研修に行った際に日本文化を紹介することを踏まえ、各自が興味のある「日本の文化」を調べ、2学期から継続しているKP法を使ってプレゼンテーションの練習をしました。

短時間のプレゼンテーションを何回か繰り返し、また質疑応答やコメントを繰り返し練習することで、プレゼンテーションの技術を向上させることができました。

 

 

2019年1月 部活動レポート

2019.01.31

《バスケットボール部》

[神奈川県新人バスケットボール大会]

〈女子〉

2回戦 鵠沼 85-58 舞岡

3回戦 鵠沼 69-53 座間

準々決 鵠沼 74-62 東海大相模

準決勝 鵠沼 77-58 逗葉

決勝 鵠沼 50-66 アレセイア湘南

県準優勝となり、2年連続で関東新人大会に出場が決定しました。

関東新人大会は千葉県にて、2月9日・10日に行われます。応援よろしくお願いします。

 

《硬式テニス部》

[冬季湘南地区テニス大会]

〈個人戦 女子シングルス〉

2年 1名がブロック決勝まで進出しました。

〈男子団体戦〉

2回戦 鵠沼 3-2 鶴嶺

3回戦 鵠沼 1-3 藤沢翔陵

湘南地区ベスト8

〈女子団体戦〉

2回戦 鵠沼0-5 湘南台

 

《ダンス部》

[第26回神奈川県高等学校ダンス新人大会] 76校中8位入賞

演目:『パウリ効果~偶然に失敗が連続する奇跡~』

1年生19人、2年生20人全員で出場しました。

これからは2月に3年生を送る送別会、4月は新入生歓迎会と行事が続きます。チーム発表、学年発表に向けて頑張ります。

 

《マーチングバンド部》

2月17日(日) 第18回マーチングステージ全国大会に出場します。それに向けて一生懸命励んでいます。

《美術部》

1月8日(火)~13日(日)に藤沢市民ギャラリーで開催された藤沢市高等学校美術展が無事終了いたしました。

賞を決める美術展ではありませんが、本校生徒の作品が来場者アンケートや直接受付担当者に、「良い作品ですね」との言葉をいただきました。

本年より翔陵高校も出品し、藤嶺学園3校の作品がそろいました。

 

《合唱部》

[第21回かながわヴォーカルアンサンブルコンテスト] 女声合唱部門 銅賞

[第60回神奈川県高等学校合唱祭] 専門部会長賞

※詳しくは合唱部のページ「平成30年度活動予定&活動報告」をご覧ください。

平成30年度 3学期始業式

2019.01.08

学校に咲く花にも蕾が付き始めました。謹んで新年のお慶びを申し上げます。

3学期の始業式が行われ、「何事にも全力を尽くすこと」を大事にしてほしいと、生徒は今井校長よりお言葉をいただきました。1年生は間もなくやってくる新入生に対して、先輩らしい振る舞いができるように、2年生は「3年0学期」の気持ちを持って受験に向けて動き始め、また最上級生になる自覚を持って行動してほしいと思います。

そして3年生は、いよいよ受験本番となります。健康第一を前提に、それぞれが実力を発揮して「志望校合格」を勝ち取って欲しいものです。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成30年度2学期終業式 および 12月部活動レポート

2018.12.21

平成30年度2学期終業式が行われました。

 

2学期は鵠輝祭や1年理数コース国内研修など様々な行事が行われたとともに、各部活動では様々な公式大会へ挑戦する時期となり、多くの部活動が表彰を受けました。

ただし、表彰状を受け取った生徒だけが素晴らしいのではなく、それに向かって一生懸命に取り組んだ生徒は皆一様に素晴らしいです。

学校長からも、「目標に向かって努力すること」の大切さについてお話していただきました。高校3年間の中で、どの生徒にも必ず成長するタイミングが訪れます。そのタイミングを逃さぬよう、いつでも全力で、勉強や部活動、学校行事に、そして3年生は受験に向けて取り組んでほしいと思います。

 

鵠沼高等学校に関わる全ての皆様、2018年は大変お世話になりました。

2019年が、鵠沼高校の生徒、そして関わる全ての皆様にとって、素晴らしい善き年になることを心よりお祈り申し上げます。

どうぞ、良い年をお迎えください。

 

※2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)は学校閉鎖期間となり、校内に入ることはできません。

新学期の始業式は1月8日(火)です。

 

[2018年12月部活動レポート]

《硬式テニス部》

[冬季湘南地区テニス大会予選]

〈男子シングルス〉2年8名、1年2名が出場しました。

〈男子ダブルス〉2年5ペア、1年2ペアが出場しました。

〈女子シングルス〉2年10名が出場し、5名が準決勝、1名が決勝に進出しました。

〈女子ダブルス〉2年5ペア、1年1ペアが出場し、3ペアが準決勝に進出しました。

個人の部での本選出場はなりませんでした。1月の団体戦に向けて頑張ります。

 

《軽音楽部》

[神奈川総合文化祭 軽音楽コンクール]

決勝大会に出場しました。奨励賞には届きませんでしたが、4年連続の出場となりました。

 

《美術部》

1月8日(火)~1月13日(日) 藤沢市民ギャラリー(藤沢ルミネ6階)で藤沢市高等学校美術展が開かれます。部員の作品も展示されます。ぜひのぞいてみて下さい。市内、14校の高校が出展しています。

平成30年度 1年総合学習 国際理解講演会

2018.12.03

NPO法人「アジアチャイルドサポート」の代表理事を務めていらっしゃる池間哲郎先生をお呼びして、国際理解講演会を行いました。

講師:池間 哲郎 先生
演題:『懸命に生きる人々~日本人こそ学んで欲しい』

講師プロフィール:
1954年沖縄県生まれ。幼少期を沖縄本島北部の本部町で、青年期をコザ市(現沖縄市)で過ごす。会社経営の傍ら、1987年から台湾山岳民族の貧困と人身売買問題をきっかけにアジア各国の貧困地域の撮影・調査・支援を開始。1995年より自身の映像を用いて講演・写真展を始める。1999年から始めた任意団体は、認定NPOアジアチャイルドサポートとして5千名近くの全国有数の大型国際協力団体へと成長、現在も代表として8か国で活動を続けており、その実績は高く評価されている。

「祖国を愛する思いが国際協力の基本」と自らの想いに伴い、東日本大震災支援や青少年健全育成に対しても長期的な運動を展開中。日本人こそ、懸命に生き抜く途上国の人々から「命の尊さ、一生懸命に生きることの大切さ」を学んで欲しい、との願いを込め、全国の企業、団体、学校などで伝え続けている。講演件数は2017年末で3500件超。鵠沼高校でのご講演は今年で5回目。

主な著書:

「あなたの夢はなんですか。私の夢は大人になるまで生きることです」(致知出版)

「最も大切なボランティアは、自分自身が一生懸命に生きること」(現代書林)

「日本はなぜアジアの国々から愛されるのか」(育鵬社)

 

《生徒感想より》

・自分は今なんの不自由も無く毎日過ごしていて、そのことが当たり前なことではないというのはずっと知っていました。でもこの講演を聞いてどんなに幸せ者かが改めて知ることができたし、逆に他の国でどれだけ悲惨なことが起きているのかということも詳しく知ることができました。よりいっそう今の環境を大切にしなければならないと強く思いました。

・私が今回、国際理解講演会を聞いて驚いたことは、子どもたちが空腹感をごまかすために薬物やシンナーを使っているということです。私は思わず涙が出ました。そして改めて日本という国、私がとても恵まれているんだなと感じました。

・「一生懸命生きること」これほど大事なことは無いと思います。私は何か一つだけでも一生懸命やってみるべきと感じました。それは自分、さらに周りの人へも幸せを与えられるかもしれないと思ったからです。

2018年11月 部活動レポート

2018.12.01

《バドミントン部》

[神奈川県新人大会]

〈男子学校対抗〉準優勝

〈男子シングルス〉準優勝

〈男子ダブルス〉ベスト8

〈女子学校対抗〉第3位

〈女子シングルス〉準優勝

〈女子ダブルス〉準優勝

男子シングルス・女子シングルス・女子ダブルスは12月23日から栃木県宇都宮市で行われる関東選抜大会に出場します。

 

[ジュニアグランプリ]

11月23日~25日栃木県宇都宮市にて、2年生男子1名が神奈川県代表として出場しました。(小中高シングルス各1名ずつによる県対抗の団体戦)

〈予選リーグ〉

神奈川 1-2 長野

神奈川 1-2 宮城

予選リーグ敗退

 

《バスケットボール部》

[新人大会神奈川県西支部予選]

〈男子〉

1回戦 鵠沼 70―75 藤嶺藤沢

 

《バレーボール部》

[湘南地区高等学校バレーボール冬季大会]

Aブロック

鵠沼 2-1 湘南白百合

鵠沼 2-0 慶應藤沢

鵠沼 2-1 茅ヶ崎

鵠沼 0-2 鎌倉

ブロック2位

 

《陸上競技部》

[神奈川県高等学校駅伝競走大会]

〈男子〉38位(2’26″15)

〈女子〉35位(1’28″45)

 

《卓球部》

[神奈川県新人卓球大会]

〈男子団体〉

2回戦 鵠沼 3-0 上矢部

3回戦 鵠沼 1-3 川和

〈女子団体〉

1回戦 鵠沼 2-3 茅ヶ崎北陵

 

《サッカー部》

[新人大会湘南地区予選]

鵠沼 1-3 鎌倉学園

鵠沼 3-0 アレセイア湘南

鵠沼 0-0 湘南学園

今季はグループリーグ3位でした。

 

《ソフトボール部》

[神奈川県高等学校秋季新人ソフトボール大会]

1回戦 鵠沼 0-7 湘南学院

新チームとなって初めての県大会でしたが、一勝もすることができず悔しい結果となってしまいました。次は12月に湘南地区大会が行われ、年末には中高交流試合やオープン大会に参加します。日頃の練習の成果を発揮できるよう一丸となって戦いたいと思います。

 

《ソフトテニス部》

[高校ソフトテニス選手権大会(シングルスの部)]

〈湘南地区予選会 男子の部〉

2年生1名 4位 ・・・県大会進出

 

《マーチングバンド部》

[第53回マーチングバンド関東大会] 銀賞

[ミュージックフェスタin湘南](12月24日)に出演します。

平塚総合体育館にて、入場無料、開演は正午予定です。

 

《軽音楽部》

[第16回神奈川県高等学校総合文化祭 軽音楽コンクール予選会]

予選136バンドが音源審査に参加する中、3会場上位9バンド、計27バンドの中に鵠沼高校のバンド「Starner」が選ばれ、決勝大会に進出することができました。

決勝大会は12月2日(日)に行われます。応援よろしくお願いします。

 

《演劇部》

[第53回神奈川県湘南地区高等学校演劇発表会]

優秀賞

平成30年度 芸術鑑賞会『昇らぬ朝日のあるものを ~幻のオリンピアン』

2018.11.29

平成30年度 芸術鑑賞会を行いました。

 

演目:『昇らぬ朝日のあるものを ~幻のオリンピアン』(劇団芸優座)

あらすじ:

舞台は、アジアで初めてオリンピックが開催されると決まった東京。湧き上がる興奮が一段落ち着いた頃・・・ある街の片隅に、オリンピックを縁として、男と女が引き寄せられていく・・・。

選手として将来を嘱望されながら、酒が原因で居場所を無くした男。ケガに泣き、オリンピックを諦めようとする男。オリンピックで一儲けしようと目論む男。信義のためにオリンピック開催そのものを諦める男。そして彼らを取り巻く女たち・・・様々な人間が一様にオリンピックを目指すことで、人生を取り戻そうとするのだが、戦争は激しさを増し、開催が危ぶまれていく・・・。

「俺にはわかる。アンタ、本当は走りたいんでしょう。」「あなたには教えられるんですか。俺みたいなやつを・・・。」

「走りたいんだァ。もぅ、それだけでいいんだァ。」「お前ェな、オリンピック目指しなよ!今度こそ、ちゃんと走るんだよ。走って、決着付けるんだよ!・・・やってみないか?」

「オリンピックとその歴史に傷をつけることになる。それは、日本の若者の未来のためにならんのだ。」

「彼らを心から支えようとするとき、彼らの努力の結晶と、挑戦の一瞬を見届けようとするとき、オリンピックは、そのすべての人たちのものにもなると思うんだ。」
「出迎えよう。彼らは友だ。そして、送り出そう。オリンピックを目指してきた、全ての若者を。晴れの舞台へ!」

夢を追いかけることの大切さ、努力し続けることの大切さ、平和の大切さ。
鵠沼高校の生徒たちの心に、一つ一つのセリフがしっかりと染み込みました。

公演後には、鵠沼高校演劇部対象にバックステージツアーを行っていただきました。俳優や演出家の皆さんや、大道具に関してたくさんの質問があり、芸優座のみなさんに丁寧に答えていただきました。

〈生徒の感想より〉

・今回の演劇を見てただ楽しむことができたたけではなく、歴史的なことや今の自分たちの当たり前の暮らしのありがたさを感じることができたので、とてもいい機会だったと思います。

・本当に大好きなことは一度投げ出してしまっても何かの働きかけでやっぱりやりたいと思い、やり始めてしまうものなんだなぁと感じました。

・公演終了後、キャストやスタッフの方にお話をうかがう機会を頂いたため、役作りで心掛けていることは何かと質問しました。シゲさん役の方がお答えしてくれて、「今回で言うと、このシゲさんが島田さんと出会うまでの10年間で何があったのか、どのような気持ちの変化があったのかを考えて役を作りました。」と教えてくださいました。この言葉は私にとって非常に深く、学びになりました。

・大人になっても演劇をやっているということは、よほど演劇が好きなんだろうなと思ったし、自分もなにか夢中になれるものを大人になったらやりたいなと思いました。

・2020年のオリンピックに向けて、どんなことをしなければならないのか、過去の時代のようにならないようにするためには何を考え、行動しなければいけないのか、当時の人の想いと共に、オリンピックを成功させたいと思いました。

・オリンピックのためにがんばっていた人たち全員のことを思うとオリンピックの中止は本当にひどいと思ったし、戦争はいけないことだと改めて思った。

・今回の劇はいろいろなことを考えさせるものだったので、戦争経験者が減る現代には大切なものになってくると思いました。

・今、受験を控えている中で舞台を観て、希望を持って前進していく姿にとても感銘を受け、勇気をもらいました。素敵な舞台をありがとうございました。

平成30年度 1年総合学習「国際理解」グループ研究 クラス発表・学年発表

2018.11.16

1年生の総合学習として「国際理解」を大テーマとしたグループ研究のクラス発表が行われました。


各クラスでグループごとに様々なジャンルからテーマを定め、「KP法」という手法によりプレゼンテーションを行いました。

《調査ジャンル》

1:教育・子ども

2:南北問題・貧困

3:人口・移民・難民

4:食糧・水

5:資源・ごみ

6:民族・宗教

7:戦争・紛争

8:環境

 

各クラスで代表班を選出し、11月22日に学年発表を行いました。

体育館と講堂で4クラスずつに分かれ、iPadを使用してプレゼンテーションを行いました。各クラスの代表班の発表を聞き、プレゼンテーションの上手な方法を学ぶと同時に、世界の現状について様々な知識を知ることができました。